健康な身体づくりのためのコラム


by kenko36

爪水虫は飲み薬

水虫といえば、塗り薬が当たり前のようだが、こと爪水虫に関しては、飲み薬を使う。

それは、爪の中にまで塗り薬が浸透しないからだ。

飲み薬ということで、薬局では買えず、医師の処方箋がいる。

なので、爪水虫になった、と思ったら、まずは、皮膚科などの病院にかかったほうがいい。

ちなみに、爪水虫の飲み薬を飲むと、内側からきいていくので、普通の水虫にも有効である。

この意味では一石二鳥だ。

ただ、爪水虫の飲み薬は、半年くらい、パルス療法という短期間療法でも3ヵ月ほどは、薬とつきあわなければならないので、軽めの普通の水虫の段階で、何らか手を打っておく方が後々楽だ。
[PR]
by kenko36 | 2007-06-29 08:56 | 爪水虫